【エンドウ豆】スジナインハイパーが発芽

スジが無い高性エンドウ豆、「スジナインハイパー」(トキタ種苗)

早生タイプのキヌサヤエンドウ。
草勢強く・草丈の伸びがよい高性タイプ。
分枝は中段以降からの発生が多い。
花は赤花で、ダブル花房中心。
莢長7.5cm前後、莢幅1.4cm前後。
曲がり莢・マメ飛びなどは少ない。
関節部分がはずれやすいため、楽に収穫作業ができる。
食味は甘みがあり美味しい。
【品種登録番号26509・品種名称TRI−4024】

http://www.tokitaseed.co.jp/bai.php?varietycode=17028

一般地では10月下旬~11月上旬にまいて越冬させるのが普通らしいですが、ここ信州では冬にマイナス10℃以下になることが多いため、越冬できずに枯れてしまいます。
(南の方などは比較的暖かいかもしれませんが、)春まきが主流です。

表を見ると、適期は2月下旬~3月ごろ。この品種は7月にも蒔けるみたいです。
今年は暖冬とのことで、少し早めでもいいかな~と思い、2月20日にまいておきました。
暖冬とはいえ朝はまだまだ寒く、毎日のように霜が降ります。
日中少しでも地温を上げるために透明マルチをしておきました。
透明マルチは地温を上げる効果が一番高いですが、光を通すため中に雑草が生えるのが難点^^;

3月に入って暖かい日が続いたこともあり、芽がでてきました!
2粒ずつ蒔いて、どの場所も1つは出たようです。(本当は3~4粒蒔いて2本に間引くらしい)


一つ根が切られた状態で豆と芽の部分がマルチの上に落ちていました@@;おそらくこの殺豆事件の犯人はひよどりです…。
じーちゃんが言うには、ホウレンソウを食べに来ているらしい。
ダメもとで埋め直しておきました。根が1cmくらいついてたから、もしかしたら定着するかも。。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です