サモンナイト6 プレイ日記2

聖女

こんにちは、かえでのです。
サモンナイト6プレイ日記第二弾です。
第一弾はこちら

第二章 海賊と天使と迷子

第一章は夜会話なしで、第二章に突入しました。
何か…タイトルで誰が出てくるか予想できるっていうねw
早速やっていきます。

パッチの口の中に吸い込まれた先には、外と同じような世界が広がっていました。
これまた普通に家が建っていて、ラージュはそこをアジトにしているようです。

パッチの中にもパッチがいるというマトリョーシカ現象に困惑するマグナw

*フィールドマップ解放

ここでフィールドを探索できるようになりました!
パッチの体内の全景は、空に浮かぶ島のようになっているみたいです。
ギャラリーやショップも解放されて、いよいよゲームらしくなってきました。
そしてやっぱりアジトに戻らなくてもセーブができるのが地味にありがたいw
フルボイスじゃないのが残念ポイントではあるけど、仕方ないね…。

マグナのサモナイトリーフを見てみると、既にメルギトスを倒した後でアメルと恋仲になっていると書いてあるので、サモンナイト2のアメルED後という事なのかな…?
戦後、聖王都ゼラムへ買い出しに向かう途中にまとめてフィルージャに召喚されたようです。
相変わらずED後もゆっくりさせてもらえないサモ2キャラw

*アメル探しへ

一通りイベントをこなした後、ハサハの感知能力でアメルを探しに行くことに。

場面が変わり、キョロキョロしながら歩くカイル登場w
やはりカイルも空から落ちてきた模様。
アティとソノラも一緒に飛ばされてきたらしいけど、離れてしまったようです。

そして、アメルが登場し、カイルと鉢合わせに。

・・・え?
確かサモンナイト3って、サモンナイト2の何十年か前の話だった気が。
アティ先生はともかく、時系列通りならカイルはもっと歳を取っているはず・・・?
飛ばされてきた時に時空ねじ曲がっちゃった?笑

と、とにかく、サモンナイト3の番外編でも叶わなかったキャラ同士の絡みが見られるわけですね。
これはファン歓喜w
あと、ここのBGM。陽気な音楽なんですが、途中でサモンナイト3の「新しき冒険の日々」のフレーズが入っていて、懐かしさを感じます。

そして、まさかのレシィも登場。
なんだか慌てたご様子です。
しかもレシィはアメルを認識しているのに、アメルはレシィと初対面というミステリー。

そしてレシィが追われていたはぐれ召喚獣にもれなく襲われる一行w

*マグナとアメル再会

レシィの叫び声のお陰で、無事にアメルとマグナ再会。
そしてはぐれと戦闘へ。
アメルとカイルはゲスト参戦。ブレイブ条件が各キャラ1匹以上撃破なのでちょっと難しかった。。

レシィの居た世界では、トリスがご主人様だったことが判明。
つまりマグナが存在している世界のアメルは、トリスが存在している世界のレシィを知らなかったと。
それにしても、トリスともはぐれて一人で飛ばされてきたなんて可哀想にw

そして初めての夜会話へ!
夜会話前にセーブができるのが最高です。
BGMはサモンナイト3と同じでした。
選択できるのは、マグナ、アメル、カイルの3人。
2主人公のマグナを選択できるってなんだか新鮮ですねw
調べてみると、ここでマグナを選択するとしばらく選択できないなど、条件がなんだか複雑そう。。
章ごとじゃなくて、選んだ回数で話が進むという事なんでしょうか?
よくわからないので、アメルを選択してみます。(おい
まあ直前セーブのおかげで、1回目を見るだけなら3人ともできるので…一応次からの記事でメモしておきますね。
ではでは!

+夜会話メモ+
マグナ1回目
アメル1回目
カイル1回目

You may also like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。