サモンナイト6 夜会話メモ ラージュ&アメル 2回目「あの人との出会い」

ふーん、ふふん、ふ〜ん♪

アメル、上機嫌だな!?

きゃあっ、ラージュさん!?
び、びっくりしちゃいました……。

あっ、ごめんな!?
オレが急に声をかけたから……。

いいえ、そんな。

でも、なんであんなに上機嫌で歌ってたんだ?

それは……、
風が気持ち良かったから、つい。

あ……本当だな。
夜風がちょうどいい涼しさだ。

ひんやりしてて、サプレスを思わせる風ですね……。

え?

ふふっ、いえ。なんでも……。

そういえば、マグナとの出会いも
こんな感じだったんですよ。

屋根の上にいた時に出会ったのか?

あの時は、木の上でしたね。

あれは、私がまだレルムの村にいた頃……。
そのネコを助けようと木登りをしてて……。

マグナが現れて、
木から落っこちた私を助けてくれた。

木登りかあ。
アメルは女の子なのに、おてんばなんだな。

ふふっ、そうですね。

あの時は、いろいろあったな……。


*それからどうなったんだ?

それからどうなったんだ?

その後、ですか……。
ネコさんは無事でしたよ……でも……村は……。

ん、どうしたんだ?

あっ、ごめんなさい。
なんでもないんです。

ちょっと寒くなってきちゃいました。
私、そろそろ中に戻りますね……!

ラージュさん、さっきは助けてくれてありがとう。
それでは、おやすみなさい。

ああ、おやすみ……。

……オレ、何か余計なこと言ったのかな?


*マグナのことを教えて?

なあ、出会った時のマグナのことを教えてくれよ。

あっそうですね! あの時マグナは、
木の下でお昼寝していたみたいなんです。

そんなところで昼寝を?
マグナ、ぜんぜん変わってないなあ。

ふふふ、そうなんですよね。
マグナはぜんぜん変わってない……。

のんびりしているところも、
優しいところもそのまま……。

思い出すと、胸の中が
あったかくなりますね……。

あっ、私ひとりでだいぶ話しちゃいましたね!
ラージュさん、付き合ってくれてありがとう。

オレもアメルの話を聞けて楽しかったよ。

マグナも優しいけど、ラージュさんも優しいですね。
私の気持ちを気遣ってくれて……。

え……?

ううん、おやすみなさい、また明日。

ああ、おやすみ……。

……やっぱり、村で何かあったんだろうな。
無理に聞かなくてよかったな。

You may also like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。