AmazonPrimeを契約して『漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則 Kindle版』を無料で読んでみたらある意味既に攻略できていた件

こんにちは、かえでのです。
毎日暑いですね~。比較的高冷な場所とはいえ、30℃を超える日が続くと徐々に疲労が。。
なんて言ってると、35℃↑に耐えている方から怒られそうですけど(汗

最近amazonプライム30日間無料体験というのをポチってみたのですが、いつの間にか30日を超えて年額(4900円)が引き落とされていました。(月額契約の方なら500円)
主にprime videoでアニメを見たいな~と思って契約していました。鬼滅の刃とか話題になっていたので(漫画はまだ読んでないけどね…)。
昨日なぜか「逃げるは恥だが役に立つ」を観ていたのは内緒。笑。

本も漫画も雑誌も読み放題…だと!?

そんな感じで継続したAmazon Primeですが、本も読めることを知りました。
Prime VideoとかPrime Musicは知っていたけど、Prime Readingというサービスもあるらしい。まあamazonだから本が読めてもおかしくないよね。
様々な漫画、雑誌、本が無料で読めるサービスです。
全部の本じゃないけれど、prime会員でログインして「prime表示がある本」なら無料で読めるので、ネットの図書館みたいな感覚です。
(電子書籍に特化したkindle unlimitedなら月額980円で100万冊以上が無料で読めるみたいです。もちろん最初の30日間は無料。)

それにしても、「月額」4900円じゃなくて「年額」4900円でこれらのサービスが使い放題って、、すごいね。。(2020年8月7日現在)
当然ですが30日以内に解約すれば0円なので、視聴&読みまくってからバックレることも可能。
電子書籍だけでも普通に購入すれば数千円~かかるので、2~3冊読めば年額の元が取れる計算です。


早速本を読んでみる

そんなわけで、AmazonReadingのTOPページを見ていたら、何やらランキング上位の本が目に留まりました。

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

こちらが、「ビジネス・経済カテゴリー」で1位になっていました。
しかもレビューが多くて評価が高い。

↑まあみんなが認めているわけだから間違いないだろうということで、この本に決めました。

普通に購入すると1,604円なのが、Primeだと読み放題対象になっています!
この時点でもうPrime年額の3分の1近く元が取れました(汗
月額500円なら3か月分です。マジか。
お金に関する本なんだけど、ある意味読む前から攻略できてるんじゃないの。笑

Prime会員かkindle unlimited会員ならKindke版0円になっているのでポチ。

kindle無料アプリや端末でも読めるみたいですが、PCだったのでブラウザで読みました。


読んだ感想とか

早速レビューを書くぞ~!と意気込んだはいいものの。
実はわたくし、感想文というのが大の苦手で、小学生の頃に読書感想文を書く原稿用紙を白紙で提出した強者でございます。
(「だって、読めばわかるのに、わざわざ感想文書く意味が分からないんだけど。。」っていうひねくれた感想なら持っていたけどね。)

↑というかレビューならすばらしいレビュワーさん達が既に大勢いらっしゃいますんで!笑

まあそんな情けない黒歴史を持つ私にさえ、とても読みやすい漫画形式でお話が進みます。
ビジネス・経済書籍ということで難しい活字がズラーっと並んでいる本かと思っていましたが、中身はほぼ漫画で、文字は時々2ページくらいの解説コラムが入る程度。
というのも「バビロンいちの大金持ち(The Richest Man In Babyron)」という、もともと文字だった本をわかりやすく漫画化しているみたいです。これはいいね。もう歴史の教科書とか全部漫画だったらいいのにね。

プロローグからもう漫画で、現代の東京に住む元大学教授の考古学者「大場拓也」と、知り合いの「近藤武」の電話会話になっています。
昔の「バビロニア」である現イラクで粘土板が発見され、大場に解読を依頼するわけなんですが、ファンタジーでいう超古代文明の魔導書を見つけてしまい大冒険が始まるみたいな展開ですね(全然違うから)

本編は、バビロニア王国の首都バビロンに住む武器職人の息子「バンシル」が、お金持ちになるために大人達に導かれ(時に騙され)ながら奮闘する物語です。
せっかくなので以下、備忘録も兼ねてピックアップしてみようと思います。


「お金をたくさん持っている」人が「お金持ち」というわけではない

さっそくパワーフレーズが飛び出しましたよ。
ちょっと一瞬何言ってるのか分からないんだけど。
要は、「お金を持っている」だけで「お金の増やし方を知らない」人は、消費活動しかできないからいずれ貧乏になるよってことらしいです。確かに、もし宝くじが当たったりして一瞬大金が入ってきても、好きなものを買って使ってしまったら無くなってしまいますからね~。
逆に今お金を持っていなくても、お金の増やし方を知っている人は潜在的に「お金持ち」っていうこと??なんて考えてしまいますね>v<まあ実際は増やし方を知っていて、かつ行動した人のみお金持ちになれるんでしょうけど。
肝心のどうすればお金が増えるのかってことですが、なんか大富豪キャラのアルカドが教えてくれるみたいなんで、ありがたく聞くことに。

1.収入の十分の一を貯金せよ

これまた「ファッ!?」て感じですね(小並感)
いや、そりゃ貯金すれば貯まるのは当たりm…ゲフンゲフン
アルカド曰く、大前提としてやるべきことだそうで。ああ、そういう事。
余談ですがここで登場した女の子が可愛くて気がそれるところでした。(思わぬ刺客だ…。)

内容は上の復習で、人々に何十枚「金貨」を与えても価値はなく(使ってしまうから)、明日の「銅貨」を稼ぐ方法を知ること(知識)が後々大きな資産になると。
よく政府のばら撒き政策が批判されるのはこういうことなのかも?有難がっててすみません。

一割貯金の方法はシンプルで、残り九割の中で叶えられない欲望を諦めるだけ。
だいたい貯金の無いor少ない人(私かw)は、欲に任せて必要ないものまで買っているということで。。た、確かに!!!一時的な興味で買ったけど結局要らなかったものがたくさん あ  る^q^ ミスカサレテイルネ…
買っても買っても、次から次へと欲しいものは出てくるので、結局満たされないんですね。
そういったものを削れば、確かに1~2割貯金はできそう。

2.欲望に優先順位をつけよ

これも1からの流れで、絶対に必要なものから順番に考えていくと、最後の方は優先順位が低いわけだから切り捨ててしまえばOKというわけです。
趣味娯楽、ブランド物などはキリがないですからね~。私高級ブランド物は持っていないけど(
実際、成金は見栄のために高い物を欲しがり、真のお金持ちは余計なものを買わないとか。ふんふん、なるほどね~。

3.貯えた金に働かせよ

このへんからいよいよ実用的な話に…と思ったけど、なんと漫画2Pでさらっと説明されました笑
え、ちょ、アルカドさん、そこもっと詳しくry
お金に働かせる?お金って働くの???
アルカド「金を持っていることが財産ではない。定期的に金が入ってくる仕組みこそ本物の財産なのだ。
なんか超カッコイイこと言ってるけど全然わかんないっすw

とりあえずその前の1コマに詰まっている情報を抜き出してみます。
・ある貧乏な人にお金を貸したら、利息をたくさんつけて返してくれた
・受け取った利息も含めてまたその人にお金を貸したら、利息が更に大きくなって帰ってきた
とのこと。
う~む、これって、かのアインシュタインが「人類最大の発明」とか言ったといわれる「複利」のことを言っているの かな??
「利息がよほど大きい」とか「元手が1000万円以上」とかなら実用レベルになりそうだけど、私にはちょっと無理かな~。
まあそういう考え方自体は応用ができるってことかも知れません。わらしべ長者みたいな。
「定期的にお金が入る仕組み」というのは他にもありそうなんで、それを見つけられたらOKってことですね。

4.危険や敵から金を堅守せよ

これはそのまんまですね笑
せっかく貯まったお金を盗られたり、騙されて失ったら元も子もないので。。
もしうまい話を持ち掛けられたら、飛びつく前に賢者に相談することが重要なんだそうです。賢者…?
まあ、よくわからないものにいきなり手を出すとお金を失うということですね…。
株式投sry…

5.より良きところに住め

良いところに住んで、幸せになればモチベーションぶち上げ!
住居への投資は惜しまなくて良いよ。ってことらしい。
日本では「住めば都」みたいな言葉もあるんですけど、やっぱり条件が良いところに住んだほうが良いのかな。
いや、良いところに住みたいのは山々なんですけどw

6.今日から未来の生活に備えよ

いつ病気になるか分からないから、今日から備えて行こう!ということみたい。
なんか説明がすんごい急ぎ足で進んでるけどきっと気のせいw

7.自分こそを最大の資本にせよ

いくら知識があっても、行動しなければ何も変わらない。
行動しても、途中でやめてしまったら意味が無い。
というわけで、今すぐ行動して継続することが重要。
いつでも理解するのは一番簡単で、行動するのは一番難しいことですね><


ここまで読んでみて

はい、けっこう長々と書いてしまいました。まとめるのがもう少しうまくなりたいものです(汗
ここまでで漫画120ページ程度。なんとこの書籍、全部で468ページもあります(爆)
ただ、漫画なのでスラスラと読めます。描くの大変だっただろうなぁ…(遠い目
いよいよ例の粘土板も登場し、「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則が明らかになります。
コラムでは「賢明な投資先」についてと、その方法などが書かれています。まあそれはインデックスファンドに投資することらしいのですが、これについては後々調べてみることにします。

ともあれこの書籍を読み終えた私が今日からできそうなことは、
収入の一割を貯金する
AmazonReadingで本を読む
ことくらいです(少なっ!?)
でも貯金をして元手を増やし、読書で知識をつければこの書籍が言っているように「お金を増やす方法」も身に着くのでは!?と思います。
(なんか綺麗に解決したような気がするw)
インターネットだけでほぼ全ての情報が手に入るこの時代、フルに活用したいものです。

というわけで、AmazonReading第一冊目は、「漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則」でした。
まだまだ無料で読めるよさげな本がたくさんあるので、読んでみて良ければ記事にしようと思います!
ではでは。


You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です