レジンでぶどうのかんざしを作りました【100均着色剤】【YouTube動画あり】

こんにちは、かえでのです。
今回はタイトルにもある通り、レジンでぶどうのかんざしを作りました。
ちょうどセリアに行って材料を仕入れて来たので、しばらくレジン動画が続くと思います笑

セリア(100均)で購入したテグス3号です。多分もっと太番でもいけるはず。

持ちやすい長さに切ります。…持ちやすい長さって何(
5cm~7cmくらいでおkです

ぶどうの粒を作っていきます。
深め(半球など)の入れ物にレジンを入れて、テグスの先にレジンを付けます。

すると先端に小さな球ができるので、これをUVライトで5秒くらい照射します。
仮に硬化する程度で大丈夫。
テーブルの上や近くで照射すると、入れ物のレジンが硬化してしまうのでご注意ください。

レジンを付けては5秒照射を繰り返して、粒を大きくしていきます。
何で5秒照射かというと、毎度完全硬化させているととんでもない時間がかかります
(20粒前後作るのでヤバイです)
好みの大きさになってから最後に完全硬化させます。

というわけで大量生産。
しかし足りなかった…。

セリアって今は着色剤も売ってるんですね。確かキャンドゥにも同じものが売っているとか。
今回は紫を作るので青と赤を使います。
ここで青と黄色を選ぶとマスカットになります。多分

一色だと面白みがなさそうだったので、割合を変えて3色にしてみました。

粒をディップして

完全硬化させます。

3色の粒を作成しました。

ハサミなどでテグスを切ります。

ぶどうの形にしてレジンで接着していきます。
粒を置いてからつなぎ目にレジンを垂らす→硬化すると早いです。
(この辺からはぶっつけ本番で撮っていたので、作業が最適化されていませんw)
テグスの突起部分が尖っているので、内側を向くようにします。

平面に並べ終わったら、上にレジンをつけてぶどう粒を乗せていきます。
ちょうど下3粒の間にハマるような感じで乗せるとうまくいくかも。

半分できました!
ここでピアス金具を貼ったりブローチピンを付けたりしても良いかもしれません。

裏面にもブドウ粒を乗せて硬化させます。

レジンで作ったぶどう

濃いブドウも作ってみました。色付きレジンのみで粒を作っています。

かんざしにするため上部に金具を付けました。

タミヤのつや出しニス

表面全体に塗って、

吊るして乾燥させました。

レジンで作ったぶどうのかんざし

かんざしに着けて装飾したら完成です!

YouTube動画

You may also like

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です