サモンナイト6 夜会話メモ ラージュ&アティ1回目「ポヨポヨ、プニプニ」

ラージュくん、
そんなところで何してるの?

パッチが屋根の端っこのほうまで行っちゃってさ。

おーい、パッチ!
戻ってこいよ。

パッチ、危ないよ?
こっちにおいでー。

ミャグ〜!

おっ、戻ってきた。
アティに呼んでもらったからかな?

ふふっ、だったら嬉しいですね。
パッチ〜、私のところにもおいで?

ミャグ?

あっ、来てくれた!
嬉しいな。

うわあ、ふわふわ!
おなかもポヨポヨで、プニプニしてます……あっ!

ミャグ!?ミャグ〜!!

ミャグゥ!!

あぁ、行っちゃった。

よしよしパッチ、戻ってこーい。
大丈夫だぞ。

ミャググ……。

ごめんなさい。なにか気に障ること、
しちゃったみたいですね……。

あはは、ちょっとね。触られるのがあんまり
好きじゃないところもあるんだよ。

そうなんですね……。

ねえ、ラージュくんは、
パッチの言うことがわかるんですよね?

うん、なんとなくね……。


*アティに言いたいことがあるってさ。

なんだか、アティに言いたいことがあるってさ。

私に?
嫌われちゃいましたかね……?

ミャグ、ミャググー!

ふんふん……。
パッチは、アティのこと嫌いじゃないってさ。

けどやっぱり、おなかだけはくすぐったいから
やめてほしいって。

ミャグ〜。

そっか、さっきは知らずに触っちゃって
ごめんね……。

ミャグ、ミャグ〜。

えっ、なんだパッチ?
うんうん、そうか……。

今度はなんて言ってるの?

手の肉球も、触らせてあげていいよって言ってる。

そっか、
ありがとう、パッチ……!

ミャグ!

あっ、すごい!
やわらかくて気持ちいい……。

パッチもアティのこと気に入ったみたいだな。
あはははっ。


*何か伝えたいことがあるのか?

なんだアティ、パッチに伝えたいことでもあるのか?

そうですね、お願いできますか?

ああ、それだったら、こうやって普通に
話しかけるだけでけっこう伝わるよ。

難しい言葉は、さすがにわかんないみたいだけど。

そうなの、パッチ?

ミャグ〜。

そっか、さっきはちょっとやりすぎちゃったかな。
ごめんね……。

ミャグ、ミャグ〜。

えっ、なんだパッチ?
うんうん、そうか……。

今度はなんて言ってるの?

おなかさえ触らなければ、
アティのことはすごく好きなんだってさ。

ミャグ、ミャグミャグ〜。

え?アティは、やわらかくてあったかいし、
甘いにおいがするし……

え?

ミャ〜グ、ミャグ、ミャグ〜。

それに、
ふわふわしてて、ポヨポヨで、プニプニだから?

ええっ……!
それ、ほんとに、パッチが言ってるんですか?

ミャグゥ!

そっか……
ありがとうね、パッチ……。

いい友達ができて良かったな、パッチ。
これからもよろしくな!

サモンナイト6 夜会話メモ ラージュ&アメル 2回目「あの人との出会い」

ふーん、ふふん、ふ〜ん♪

アメル、上機嫌だな!?

きゃあっ、ラージュさん!?
び、びっくりしちゃいました……。

あっ、ごめんな!?
オレが急に声をかけたから……。

いいえ、そんな。

でも、なんであんなに上機嫌で歌ってたんだ?

それは……、
風が気持ち良かったから、つい。

あ……本当だな。
夜風がちょうどいい涼しさだ。

ひんやりしてて、サプレスを思わせる風ですね……。

え?

ふふっ、いえ。なんでも……。

そういえば、マグナとの出会いも
こんな感じだったんですよ。

屋根の上にいた時に出会ったのか?

あの時は、木の上でしたね。

あれは、私がまだレルムの村にいた頃……。
そのネコを助けようと木登りをしてて……。

マグナが現れて、
木から落っこちた私を助けてくれた。

木登りかあ。
アメルは女の子なのに、おてんばなんだな。

ふふっ、そうですね。

あの時は、いろいろあったな……。


*それからどうなったんだ?

それからどうなったんだ?

その後、ですか……。
ネコさんは無事でしたよ……でも……村は……。

ん、どうしたんだ?

あっ、ごめんなさい。
なんでもないんです。

ちょっと寒くなってきちゃいました。
私、そろそろ中に戻りますね……!

ラージュさん、さっきは助けてくれてありがとう。
それでは、おやすみなさい。

ああ、おやすみ……。

……オレ、何か余計なこと言ったのかな?


*マグナのことを教えて?

なあ、出会った時のマグナのことを教えてくれよ。

あっそうですね! あの時マグナは、
木の下でお昼寝していたみたいなんです。

そんなところで昼寝を?
マグナ、ぜんぜん変わってないなあ。

ふふふ、そうなんですよね。
マグナはぜんぜん変わってない……。

のんびりしているところも、
優しいところもそのまま……。

思い出すと、胸の中が
あったかくなりますね……。

あっ、私ひとりでだいぶ話しちゃいましたね!
ラージュさん、付き合ってくれてありがとう。

オレもアメルの話を聞けて楽しかったよ。

マグナも優しいけど、ラージュさんも優しいですね。
私の気持ちを気遣ってくれて……。

え……?

ううん、おやすみなさい、また明日。

ああ、おやすみ……。

……やっぱり、村で何かあったんだろうな。
無理に聞かなくてよかったな。

サモンナイト6 プレイ日記3

こんにちは、かえでのです。
サモンナイト6のプレイ日記三回目です。
第二回はこちら

第三章 頑ななる剣

さて、繭世界に落ちてくる前の状況について情報交換をする仲間たち。
レシィは、トリスと一緒にアメルの故郷へ向かう途中で飛ばされてしまった模様。
マグナがいる世界線のアメルはやはり、トリスのことも知りません。

もしかして、レシィは「似て非なる世界」から来たのでは?と気がつくアメル。
パラレルワールドというやつですね。
まあ、この場合無数の並行世界を作っているのは個々のプレイヤーだったりもするんですけどw
ちなみに私はトリスとバルレルが居る世界を一番見てきました(聞いてない

レシィからネスティの話を聞き、紛れもなくネスだと確信するマグナw
ところで、マグナもネスティの事ネスって呼ぶんですね。殆どマグナでプレイしたことないので記憶が^^;

*ちょこっとDLCをプレイ

何やら無料のDLCがあるみたいだったのでDLしてみました。
すると、早速ハサハのイベントが。

会話イベントの後、ハサハが参戦してくれました!小さくてかわいい(語彙力

その後、試しにフリーバトルをしてみると…

「迷霧の森 VSサプレスの悪魔・魔精EX」というバトルに、1匹とんでもない奴が居る!?
MP999って何w
可愛い見た目とは裏腹に、狙った敵を一撃で葬り去る凶悪さ。聞いてないよ〜
とりあえずこのポワソが動き出す前に宝箱だけ回収して撤退しましたw

途中カイルの船を見つけたりと色々あって、
話題はマグナとアメルの関係の話に。
まさかの自他公式共に認める恋人関係のようですw
もう夫婦でよくry


ところで…


ネストリまだ??(黙れ

*邪悪な気配

突然、強い力を感じ取るアメル。

場面が変わって、砦のような場所を歩くアティ先生登場。
カイルとソノラを探しているようです。

そこへルヴァイドが登場し、突然アティをバケモノ呼ばわりして斬りかかる。

相変わらずイオス狂のルヴァイド様

明らかにやばい人を目の前にして、逃げるアティw
そして、アメルやカイルたちと合流。

しかし、アメルによると危険な力の発生源はルヴァイドではなく、アティでした。

盛大にブーメラン発言をしてくれるルヴァイド様w
そして戦闘に。
ラージュ曰く取り巻きの騎士は「影法師(ズィ=ルウ)」と言って、バケモノなんだとか。

この戦闘、ルヴァイドにアティ先生がやられてしまい2回ほどやり直しました(汗
アティ先生の待機型を防御に変えたら勝てました。。

「キシキシキシキシキシキシ……。」
なんか、某しぇしぇしぇ並のパワーセリフきたw
騎士アピールすごい(多分違う

ハサハがルヴァイドの後ろに、糸のようなものを発見。

アティ先生抜剣アニメーションからの、糸断ち切り。
とりあえず私はスクショ撮るのに必死w

抜剣覚醒耳アティ尊し!
剣はウィスタリアスじゃなくてシャルトスの方みたいですね。
まあ、シャルトスの方が明らかに危険ですからね…。

なにはともあれ、正気に戻ったルヴァイドが無事に仲間になりました。
でも、イオスはどこに行ってしまったんでしょうか?
続きが気になりますw

ではまた!