サモンナイト6 夜会話 一覧

サモンナイト6の夜会話メモの一覧表です。見た順に更新していきます。
ネタバレしかないのでご注意ください。


夜会話選択前の語り集

ラージュ/


ラージュ

*アメル
1「豊穣の天使」/2「あの人との出会い」/
*マグナ
1「兄貴として」/2
*カイル
1「新米の仕事」
*アティ
1「ポヨポヨ、プニプニ」
*ルヴァイド
1「旧王国のルール」

サモンナイト6 夜会話メモ ラージュ&カイル 1回目 「新米の仕事」

誰かと思ったら、カイルじゃないか。

ラージュか、勝手に上がらせてもらったぜ。
すこしここで、夜風に当たってたんだ。

ここの風は気持ちいいな!
船の上を思い出す……。

船の上?
そっか、カイルは海賊なんだよな?

おう、カイル一家は大海原を駆ける海賊一家だ。

海賊一家かあ……!
カイル一家の船長はもちろんカイルなんだよな?

ああ、もちろんだ。

海賊船ってさ、
どんな役割の乗組員がいるんだ?

そうだなあ、当然その船によって違うんだが、
航海士にコック、水夫は必要だな。

それから大きい船になると、
船医や船大工を乗せているのもあるぜ。

いろいろあるんだな……!

なあ、オレが海賊になるとしたら、
どんな役割が向いてるかな?

えっ、ラージュが海賊にか?

たとえばの話だよ。

その前にさ……、
お前、船に乗ったことはあんのかよ?

船に乗ったこと……、
それはまだない。

なんだ、それなら役割うんぬんの前に、
海賊に向いてるかどうかもわかんねえじゃねーか。

う……、
まあそうだな……。

でもまあ……、お前、けっこう豪快な性格してるし、
俺のカンだと意外にいけるかもしれねーな。

おおっ、ほんとか!?

ただ……、ラージュが海賊船に乗れたとしても、
仕事が向いてる向いてねえは関係なく、

まずは雑用係からだな!

ええ〜…雑用係かあ……。

*船長やらせてくれ。(❤︎)
*操舵手を。(❤︎❤︎)
*なんでもやるよ。(❤︎❤︎❤︎)


*船長やらせてくれ。

雑用なんて面倒そうだし、
船長やらせてくれよ!

なに言ってんだお前は!
初心者がいきなり船長だなんて、船を沈める気か!?

あははは……。
やっぱり船長は無理かあ。

あったりめえだろ!

ま、どっちにしろ
ウチの船の船長は俺だがな。


*操舵手を。

じゃあさ、間をとって操舵手とかはどうかな?

何が『間をとって』だ……。
お前、操舵手ってどんな仕事かわかってんのか?

船を操縦する仕事だろ?
船長の指示に従ってさ。

それはわかってんのか。
でもお前、俺の指示にきちんと従えるのか?

もちろん!
船長の仰せの通りに。

調子いいなあ、かえって信用なんねえ。

えーっ、信用してくれよ?

船長に信用されたければ、
まず雑用からコツコツとだな……。

結局そうなるのかよ……。


*なんでもやるよ。

わかった!なんでもやるよ!
初めは雑用くらいしか、できることもないしな。

おっ、よく言った!
うんうん、そういう姿勢が大事だよな。

でもさ、雑用って実際のところ
どんなことをするんだ?

そうだな……まずはトイレ掃除だろ?
甲板や船内の床掃除に……あっ、大砲の手入れもな。

あれがけっこう大変なんだよなー。
手が真っ黒になっちまって……。

あとは積荷の上げ下ろしとか、
やってほしいことがけっこうあるんだよなあ……。

あのさ、カイル……。

ん?どうした?

それって、面倒な仕事を全部、
押し付けようとしてるだけじゃないのか?

ははははは!!バレたか!

……カイル……。

サモンナイト6 夜会話メモ ラージュ&マグナ 1回目「兄貴として」

ラージュって俺よりも年下なんだよな?

多分、そうだと思う。数えたことないけど。

そうなのか……。でも、まあいいや。
一応は俺のほうが年上ってことにしとくとして、

何か困ったことがあったら相談してくれよ。
力になれるなら、なんでもしてやるからさ。

なんで???

年上が年下の面倒をみるのは当然だろ―――って、
そういや、ラージュはずっと一人だったんだっけか。

そっか……。誰かと一緒に暮らすって、
頼ってもいいってことなのか!?

それじゃ早速、お願いしていいかな?
えっと、えーっと……。

おいおい、無茶な注文はするなよ。
俺にでもできることで頼むぞ?

じゃあ……。


*食べ物を探してきて。

食べ物を探してきてよ。仲間が増えたからさ、
蓄えてる分だけで足りるか不安だったんだ。

ああ、ゴハンは大事だもんな。よし、じゃあ
今後のためにも食料調達、やってみるよ。

最初は一緒に探しに行こう。コツとかあるしさ。
朝になったら出発するってことで。

どれだけ仲間が増えても平気なくらい、
たくさん集めておかないとな……!

へへっ、なんか楽しみになってきた♪

ああ、俺も楽しみだよ。

最後へ飛ぶ


*もっと話が聞きたい。

もっといっぱい、話を聞かせてほしいなあ。
マグナのいた世界……ええっと……?

リィンバウムのこと?

そうそう!
どんな場所なのか、すっげえ興味あるんだ。

どんな生き物がいるとか、食べ物についても知りたいし
そうそう、マグナの仲間たちのことも教えてほしい!

こらこら。そんなにも欲張ったら、一晩だけじゃ
全然時間が足りないぞ?

それもそっか……うう〜ん……。

だからさ、時間をかけて少しずつ話してあげるよ。
ラージュの知りたいこと、俺の知ってる範囲で。

ホントに!?ありがとう、マグナっ♪

最後へ飛ぶ


*一緒に稽古しようぜ!

一緒に稽古しようぜ!オレ、ずっと一人でしか
槍の練習したことなかったし。相手になってよ。

いいけど、俺も剣の扱いは自己流だぞ? 召喚術が未熟
なぶん、強くなろうと自主練やってた程度なんだよ。

関係ないって! マグナの剣さばき、実戦でも
立派に通用してるじゃんか。

それにオレ、試したかった技とかいっぱいあるんだよ。
魔物相手の真剣勝負じゃ、そんなの無理だったし。

つまり試合がしたいってことか……よし、わかった!
手が空いた時でいいなら、明日からつきあうよ。

やったーっ♪


仲間と一緒って、やっぱすっげえ楽しい!